[レビュー]HHKB Professional HYBRID Type-S US配列

Happy Hacking Keyboard Professional HYBRID Type-S 墨 英語配列のレビューになります。
4、5年ほど使用してたキーボード[CORSAIR K65]の調子が悪くなり1万円付近で何か良いキーボードないかと探してた所、見た目に惹かれてしまいサイトや動画でもかなり好評だった事もありHHKB購入。予定してた予算を大幅に超えてしまいましたが、デザイン、使い心地共に素晴らしく購入して良かったと思ってます。

目次

HHKB Professional HYBRID Type-S

スペック

モデル英語配列
型名PD-LB800BS
インターフェイスBluetooth4.2(LE)Class2
USB Type-C
無線操作距離10m
カスタマイズ機能DIPスイッチ
キーマップ変更機能
キー数US配列60キー
キー仕様静電容量無接点方式
サイズ294(W)×120(D)×40(H)
3段階での高さ調整が可
重量540g
電源単3形乾電池×2本
USBコネクターからの給電
操作時間アルカリ乾電池使用時で約3か月
Bluetooth対応OSWindows8.1以降、macOS 10.15以降
USB接続対応OSWindows7以降、macOS 10.12以降
付属品説明書、単三形電池2本

キーマップ変更については専用ソフトウェアを使用

HYBRID Type-Sについて

無線(Bluetooth)と有線(USB Type-C接続)どちらでも使用できます。

HYBRIDと比べHYBRID Type-Sは静音性が高く高速タイピング向き。

付属品にBluetooth機器や、USBケーブルはありません。
PCにレシーバーが無い場合、別途購入が必要になります。

静電容量無接点方式

静電容量無接点方式はスイッチに接点が存在せず、キーを押すことで基板上のセンサーが静電容量の変化を検出してくれる仕組み。
それによりチャタリング等のエラーが発生しずらくなっているそうです。
打鍵時の底つき感も少なく長時間のタイピングでも疲れにくく耐久性も高いとの事。

実際に使ってみて

まず今まで使ってきたキーボードは全て日本語配列だったこともあり、今回はUS配列がただ「カッコいい気がする」という理由だけで選んでしまった事への後悔が少し…(笑)
特に半角全角の切り替えやカーソルキーに慣れない事と、BSキーを間違えてしまう事が多々。私が普段使用しているキーに関しては記号を除けば日本語配列の時とあまり違いは無いように思えます。その証拠として「e-typing」での成果は前より向上しました。

打鍵感はとても気持ちよく「コトコト」「スコスコ」といった感じで、打鍵音もとても静かに思えます。遠い昔に購入した無線キーボードが凄く遅延があったこともあり少し不安でしたが、Bluetooth接続時による「遅延」も感じられず快適に使用する事が出来ます。
私としては充電式ではなく単三形乾電池での駆動は嬉しいところで、電池ボックスの見た目はアレですが、交換も楽で充電式の様に劣化する事はなく長く使っていけるかなと思います。

墨カラーもとてもシンプルでかっこよく「何だかプロっぽい」感じが気に入っています。

オススメ度

とても使いやすいキーボードでオススメ出来ます。
US配列の方がキー数も少なく個人的に見た目がシンプルでカッコいいと思って購入しましたが、普段日本語配列を使われてる方は、何か理由が無ければ日本語配列のタイプをオススメします。
私の購入した[墨カラー]は印字が見難い為、タッチタイピングが多少出来ないと苦労するかもしれませんが、あえてタッチタイピングを身に付ける為に使用してみるのも良いかもしれませんね。

他の方もレビューされている様に、頑丈で長く使えるキーボードだと思います。
光るキーボードよりシンプルでカッコいいキーボードが好きでお探しの方は是非!

PFUダイレクト楽天市場店
¥36,850 (2024/05/25 19:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
PFUダイレクト楽天市場店
¥36,850 (2024/05/25 19:56時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次