[レビュー]KNIPEX プライヤーレンチ 『一家に一台、汎用性の怪物工具!』これがあればスパナはもう要らない(そんな事は無い)

今回のレビューはとにかく便利な工具の「プライヤーレンチ」と「ベントプライヤーレンチ」です。
とにかく便利と言うのが、生活の中で「スパナ」が必要になる事があり、その時サイズに困ったことありませんか?

意外とスパナもセットで買うと結構な値段になります、そしてミリだけでなくインチサイズが必要になる事もあり、合わないサイズで無理やり作業しようとすると舐めてしまったり傷が入ってしまう事もあるかと思います。

この「プライヤーレンチ」は1本あればワンタッチで様々なサイズ、ミリ、インチ関係なく対応する事が出来ます。
掴む、保持、圧縮、曲げと色々な作業にも対応できる優れものなのです。

目次

プライヤーレンチ(8601-180)

詳細

ブランドKNIPEX
商品名8601-180
本体亜鉛合金メッキ
ヘッド研磨
ハンドルプラスチックコート
サイズ180×46×15mm
重量230g
アゴの厚さ8mm
調整段階15
ナット開口範囲40mm
生産国ドイツ

ベントプライヤーレンチ(8643-250)

詳細

ブランドKNIPEX
商品名8643-250
本体クロムメッキ
ヘッドクロムメッキ
ハンドルプラスチックコート
サイズ250×53×18mm
重量465g
アゴの厚さ8mm
調整段階19
ナット開口範囲52mm
生産国ドイツ

特徴

ベントプライヤーレンチはハンドル部に角度がついており、平面での作業時に便利です。
どちらも掴み面がフラットな為、対象に傷を付けにくくなっています。

ナットやボルトを回す際に「掴む」という動作が必要になり素早く回す事には向いてはいないかもしれませんが、ハンドルはとても握りやすくしっかりと対象を挟む事が出来る事が出来ます。公式の説明では握る力を10倍に、と書かれています。

スパナ等ではサイズが決められている為、対象物との間に隙間が出来てしまうため負荷をかけた時に点で捉えてしまう事に対しプライヤーレンチは平行なアゴで掴むため面で捉える事が出来るため対象物をよりしっかり掴み、滑ったりする事なく強い力で回すことが可能です。
モンキーレンチであれば同じように掴む事が出来るかもしれません。しかし、しっかり掴む為には回すたびに緩める締めるという動作が必要になりますが、プライヤーレンチの機構ではハンドルで調整が出来るため素早く作業する事が出来ます。

別売りですがより対象物を傷つけない為の掴み面に被せることが出来るプラスチックのカバーも販売されてます。

オススメ度

文章だけでは伝わりにくいかもしれませんが、あると本当に便利な工具です。
私は特に車の整備をするわけでも無いですが「持ってて良かった!」と思えた事が何度もあります。

モンキーやスパナの代用としてとても便利ですが作業内容でそれぞれの利点がありますのでコレがあれば他が不要になるという訳ではありません。

今回サイズが違う物を紹介しましたがサイズもかなり小さな物から大きな物まで選ぶことが出来ますので用途にあったサイズを選ぶことが出来ます。
私は今回紹介した180mmと250mmを所持しておりますが、殆ど180mmで事足りています。
大は小を兼ねると言いますが長さだけでなく重さも作業をする上で重要なポイントですよね!

騙されたと思って是非一度お試し下さい。
きっと「持ってて良かった!」と思える日が来ると思いますよ!

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

こちらのカバーグリップは180mmサイズ用です。
ご使用のサイズを確認してご購入下さい。

測定器・工具のイーデンキ
¥1,648 (2023/03/27 23:34時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

  • An outstanding share! I’ve just forwarded this onto a colleague who has been conducting a little research on this.
    And he actually bought me dinner simply because I discovered it for him…

    lol. So let me reword this…. Thanks for the meal!!
    But yeah, thanx for spending some time to discuss this
    matter here on your internet site.

コメントする

目次